キトサンはパニック障害にも効果があるの?キトサンはパニック障害にも効果を発揮する

【キトサンはパニック障害にも効果がある】
現代人を悩ませる病の一つとして「パニック障害」があります。パニック障害は発作的に強烈な不安に襲われるものであり、この症状を収めるためにはセロトニンという神経伝達物質が必要になります。パニック障害は恐怖感などを生み出すノルアドレナリンに対してこのセロトニンが足りない状態で起こるものであり、セロトニンを直接補充したりすると発作が治まったり症状やパニック障害そのものが改善しているという臨床データがあります。

そしてこのセロトニンを増やす効果がキトサンにはあるのです。キトサンは腸内や血液中で不要なものを吸着して体外に排出する働きがあります。キトサンは腸内で吸収され、余った分が老廃物や添加物の排出に働くのですがこの吸収された分はあまり注目されないことが多いのも実情です。

セロトニンは腸内で産出される物質であり、産出した分をすべて使用するわけではありません。使用しなかった分は再度腸内に吸収されてしまうのでパニック障害を持っている人はセロトニン不足で発症してしまいます。ですが、腸内に入ったキトサンはこのセロトニンの再吸収をブロックする働きがあります。

そしてセロトニンの使用される割合を大きく引き上げてくれので、結果としてセロトニンの量その物を増やすことにつながり、パニック障害の症例を改善させてくれるようになっています。また、パニック障害の人は様々な薬の服用を求められており、副作用のあるサプリメントなどの服用は基本的に認められていません。

ですがキトサンは規定量を守れば副作用はほとんどなく、安全に対応できるパニック障害の対応処方としても注目を集めています。腸内環境を整えることで血液の流れなどの正常化は睡眠サイクルの安定化にもつながります。睡眠サイクルを整えることでホルモン分泌なども改善され、パニック障害の症例や体への負担を減らすこともできるので、キトサンは今、医療界からも大きな注目を集めています。